スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中達也を信頼することができない。

生で観てないどころか、映像ですら観てないけど。

日本代表として田中達也を信頼できることが、どうしてもできない。
Jリーグで浦和と当たるときに田中達也が出てたら、それがたとえ負傷明けだとしても何か怖いイメージはあるけど、あの青いユニフォームを着た田中達也には信頼ができない。

他のFWにしても、大久保がいない昨日のメンバーだと信頼し得るのはやっぱり巻だ。
あの去年のJ最終戦でゴールはなかったけど、2点差を大逆転させたのは明らかに巻の力だった。
巻以外は小さくて速い選手が揃っているけど、それを活かすためには逆に巻を中心とした戦術が必要なんじゃないかと思う。

日本人の特徴を活かして、今のメンバーになっているのかもしれないけど、日本人の特徴の原点に帰るより前に、サッカーの原点を見つめなおして選考を行ってほしい。


やっぱり赤嶺だ。
唐突に話題を変えるけど、やっぱり赤嶺が必要だ。

赤嶺に武器はない。
けど、ゴールは日本人2位。
去年の開幕前にカボレより赤嶺が点を獲るとは思わなかった。

中山に武器があったか、と考えてみる。
中山にも武器はなかった。
でもJリーグ歴代1位のゴール数。
ワールドカップでもゴールしている。

赤嶺にも中山にも武器はない。
そのゴールの全ては嗅覚によるもの、FWとしてのセンスによるもの。
こういうFWこそ信頼するに足る。



そうそう、私はFC東京のサポーターです。



六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX
(2002/11/20)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。